美容皮膚科と皮膚科の違い


同じ皮膚科でも違う美容皮膚科

最近では、美容皮膚科のクリニックも増えていて、肌荒れやニキビ肌、ニキビ跡の改善を目指して通っている人も多くいます。

では、一般的な皮膚科と美容皮膚科はどのような違いがあるのでしょうか。
この二つの医療機関はにはどちらも医師がいて、診察や治療を行っています。
基本的に、皮膚科の受診においては病気による疾患がほとんどなので健康保険が適用されるため費用の負担も少なくて済みます。
これとは逆に、病気の治癒を目的としているのではなく、美しい肌になることを目標として診察を受ける美容皮膚科は、保険が適用されることが難しいため、全額自己負担での支払となります。

ほとんどのメニューが自己負担となりますが、その金額はそれぞれのクリニックによって違いがありますので診察を受けるときにはしっかりと費用についても確認することが大切です。
保険が適用されるかどうかについて、きっちりと全て分けられていることはなく、あざやニキビなどの疾患を治癒する場合の指定された薬や処置に関しては保険が適用される場合もありますが、美肌を目指す診察は自由診療となります。
美肌を目標としているのであれば、美容効果を得ることのできるクリニックがおすすめです。

美容皮膚科では、飲み薬や塗り薬を始めとして、ケミカルピーリングやレーザー、注射などの施術法があり、目的に合った方法を組み合わせることが出来ます。
ニキビとニキビ跡治療においては、二つとも同時進行で治療していくので完了するまでの期間も短くて済みます。
この治療においてはピーリングやイオン導入等の施術が主流となっていて、肌の内側から再生するように導いてくれます。

美しくなることを目的としている場合には、美肌に詳しい専門医が肌トラブルや悩みを改善してくれます。
最先端の知識と医療機器でトラブルを改善してくれることが最大の魅力でもあるのです。

また、院内の雰囲気においても、病気を治すための病院とは違い、素敵な内装のクリニックが増えいます。
受付の対応も、先生の説明もわかりやすくて、疑問に思うことも質問しやすいです。
質問に関しても丁寧に回答してくれるので、安心できますし、十分に納得してから施術を受けることが出来ます。
エステに近い感覚で質の高い施術を受けることが出来るので贅沢でくつろぎのひと時を過ごすことができます。
無料でカウンセリングを行っているところや、カウンセリングのみの場合も受けつけているところもあるので気軽に美容皮膚科に相談してみてください。


カテゴリー: 美容皮膚科