美容皮膚科とエステの違い


美容皮膚科とエステ、一体どこが違う?

エステと美容皮膚科の違いはなんでしょう。
一見内容的には同じ感じであるように思いますが、この二つには大きな違いもあるんです。
自分が美肌を手に入れたいと考えた時、どちらを選ぶのが良いのかを見極めるためにも、しっかりとこの二つの違いを理解しておきましょう。

まず一番の違いは、「医師がいて医療行為を行うことができるかどうか」という点です。
美容皮膚科には常に医師がいて、診察をしたり処方箋を出して薬をももらうことができます。
サロンでは医師がいないので、医療行為を行うことは出来ません。ですから、薬剤を使用して治療を行うことは出来ないのです。
そのため、化粧品やマッサージなどの手法でお肌の悩みを改善していくのです。

サロンで行う手法としては、お肌に良いとされる化粧品やオイルを使用してのハンドマッサージや美容機器を使用しての施術等があり、美肌やダイエットなどと幅広いジャンルとなっています。
サロンでは、どちらかというと美しさを維持するためのものであり、リラクゼーションという意味合いの方が大きくなっています。
心身共にリフレッシュしたいと思うのであればエステがお勧めですね。

実際に、美肌になりたいという事を目的にすると、美容皮膚科とエステではどちらにしようか迷ってしまいます。

脱毛を例にすると、脱毛はエステでも美容皮膚科でも受けることが出来ます。
エステでの脱毛に関してはフラッシュライトや電気を利用しての施術となりますが、医療機関においては、医用レーザーや医用電気を使用して行うことが出来ます。
ただ、効果としてはフラッシュライトや電気を利用した施術よりも、医用レーザーの方が効果が高いと言われています。
また、クリニックで脱毛を行った時に万が一トラブルが起きたとしても医師にすぐに診察してもらうことができるので安心感もあります。

ケミカルピーリングにおいても、医療機関だと濃度の高いビーリング剤を使用することが出来ます。
とにかく肌をきれいにしたいと思った時には、美容皮膚科を選択するのがお勧めです。
本格的な治療を受けることが出来ます。

しかし、サロンでは美肌を得ることが出来ないのか?というとそうではありません。きちんと効果を実感することは出来ます。
施術は日々進歩していますし、高い技術を持っている施術者もたくさんいます。
今の美肌をしっかりと保ちながら、リラックスしたい時には選んでみると良いでしょう。
どちらが自分に合っているかを良く考えて選ぶようにしましょう。


カテゴリー: 美容皮膚科