美容皮膚科と美容外科の違い


美容皮膚科と美容外科はどう違う?

美しいお肌を手に入れることはそんなに簡単なことではありませんよね。
ニキビが出来てしまったり、シミやシワが出来てしまったりと、お肌の悩みは尽きません。

そんなお肌の悩みを解消する近道として、美容皮膚科があります。
このほかにも美容外科というのもありますが、この二つの違いをみなさんはご存知ですか?

美を目的に診察する皮膚科というのが身近になったのはごく最近のことで、あまり聞いたことがないという方や、初めて知ったという方が多いかもしれません。
この美容皮膚科は美しくなることを目的として診察を行いますので、一般的な皮膚科とも少し違います。
それに美を目的としているので、美容外科のように外科手術を行うことはありません。

美容外科では、二重の埋没手術や豊胸手術、リフトアップ手術、脂肪吸引などのメスを使った手術を受けることが出来ます。
ですから、自分でのお手入れだけでは効果が出ない方、もっと美しいお肌になりたいという方にお勧めなのです。
またメスを使わずに、アンチエイジングを目的とした治療を受けることもできるので、手術に抵抗があるという方でも安心して受ける事ができます。

美を目的とした診察では、光を使用してのシミやしわの治療、医療レーザー脱毛、美肌注射、点滴、外用薬や内服薬の処方などを行っているのです。
また美肌を手に入れるためのスキンケアや美肌施術も行っていますので、エステなどでは効果を実感することが出来なかったという方にもお勧めですね。

皮膚科では、一般的にやけどや皮膚炎などの皮膚疾患の治療を行っていて、病気を治すことが本来の目的となっています。
皮膚科でも、ニキビやニキビ跡、肌荒れ対策など以前から行っているので、美容皮膚科と重複している部分もあり、二つの区別が難しいです。
病気の治癒を目的としている場合には、健康保険が適用される場合がほとんどですが、美しくなりたいと思う美を目的とした美容外科の治療では、健康保険は適用されません。これも大きな違いとなっています。

最近では、美容皮膚科と美容外科を併設して診療を行っているクリニックも多くあるので、二つの区別がはっきりと分からないという方が多いのかもしれません。
自分のお肌が美しくなるかどうかは、自分の努力と行動の仕方によって決まると思います。
自分のお肌を今よりももっと美しくさせたいと思っているのであれば、美を目的とした診察を受けて対処するのが美肌への近道でもあると思います。


カテゴリー: 美容皮膚科